那覇近辺をダイビングすることを考える場合におすすめするのはチービシエリアになります。どちらかと言うと初期段階のダイバー向けのポイントが豊富で、構えることなく心置きなくボートダイビングを楽しむことが出来るでしょう。 MSD(マスター・スクーバ・ダイバー)と言うのは、さまざまなダイビングに必要な活動や条件で技能技術を磨いて、多くの実務経験を積み重ねたことを証明している「ノンプロ最高峰と言われるクラス」と言われているのです。 ダイバーに人気の沖縄にはいろんなビーチがあり、訪問する日の海況によって一番適した地域に先導します。小型船舶だけしか到達できないポジションにご案内させていただくボートプランが定番ツアーです。

沖縄は南に位置するお蔭で春・夏・秋・冬の季節に影響されることなく休むことなくダイビングを堪能できます。訪れた時期により海の表情が変わり、それによって見るべき場所が当然変えていきます。 世界から賞賛されている沖縄の美ら海、世界文化遺産、自然文化遺産保護条約の候補地として名前が挙がっている鬱蒼としたやんばるの森やとうとうと流れる川やや爽快な滝で本物の自然を体感してみませんか? 大人気の美ら海水族館には世界でトップのアクリル製の大水槽があります!大きなジンベイザメ・マンタの子孫繁栄を優先した複数での飼育・展示や生きている状態のサンゴの壮大な飼養は世界に先駆けた偉業です! ダイビング講習においては、授業料以外に教材費やプール実習費、海に移動してからの実習になくてはならない施設の利用料、海に向かうための交通費やホテル代、その他にはレンタル器材代などが請求されます。 潜りがそれほど得意ではないような人でも、当店インストラクターが海に潜っても平気か否か確認作業を必ず行いますので、潜水の下手な方は遠慮なくご相談下さい。 ダイビングをして普通の毎日を有意義に過ごしませんか?初めてスキューバダイビングの楽しみを見出すどんな人でもイメージが膨らみます 「当然かと思いますが、沖縄の寒い時期の海はやはり透明ですか?」と尋ねられることがしょっちゅうあります。

房総半島も夏に比べて冬の方が間違いなく透明度が高いようです。 那覇にある港より早朝にスタートして、ダイビングボートを駆って慶良間に近いポインに行って、何回かダイビングを行って、夕刻までに宿舎に戻ってくるパターンが好まれます。 ウインドサーフィン(ボードセーリング)は風を利用して海を動いていくスポーツである。一回り大きいサーフボードにヨットに見られる帆を備えた物と伝えれば想像しやすいだろうか。 恩納村におけるダイビングの感じを、従業員が撮影した写真でご覧いただけます。プロ好みの恩納村界隈でのダイビングがどんな風な見え方をするのかを知っておきたい方、参考になると思います。 那覇を基点にダイビングすることを考える場合におすすめするのはチービシエリアになります。どちらかと言うと初期段階のダイバー向けの箇所がいっぱいで、恐怖心を覚えるようなこともなくボートダイビングライフが可能になります。 固有の動物や植物、鳥たちなどたくさんの希少種が見られるやんばるの森では、壮大な大自然の営みに触れられる環境に優しいツアーが多く行われています。